【私なりの結論】歩みのまとめ »

オーガニックコットン・ボクサーパンツ初心者はまずTHE GUNZE Organice(ザグンゼ オーガニック)がいいと思う件

さて、やっと始める気になった至高の男性用下着を探す旅。

かなり試してきた枚数もたまってきたのでここで一気に紹介していこうと思う。

それでは試してきた順にまずはTHE GUNZE オーガニックから。


THE GUNZE Organicとは?

グンゼの「素肌服」をコンセプトにした優しい下着

THE GUNZE(ザグンゼ)はグンゼのラインナップでも最高峰に位置するシリーズで、単価は1枚あたり1,200円ほどからと少々お高め。

その中でも、オーガニック素材のものは3年間農薬や化学肥料を一切使用せずに育てられた綿花が使用されており、コットンなのに優しさを感じるしっとりと柔らかい肌心地を実現している。


【感想】穿いてみてどうだったか?

購入したのは2016年の9月だった。
第一印象は「なんか優しいな・・・このパンツ」。

とろみを感じるパンツなんて生まれてはじめてかもしれない。
他のコットンのパンツとは一線を画す印象的なボクサーパンツだった。

コットンは吸湿性があり、繊維の中では耐久性も高い。

長く使える化繊でない安全なパンツとして一枚目はTHE GUNZE Organicを選んだのであった。

しかし、その前に検討していたのは実は天衣無縫というメーカーのもの。

こちらはオーガニックコットンの下着・アイテム専門のメーカーとして有名で、パンツではないがプレゼントとしていただいたブランケットの肌心地の良さに家族で虜になっていたのだ。

それを信頼してまずは「パンツもここのメーカーで!」と考えたが、調べてみると男性用下着カテゴリー自体が無く、聞けば製造も販売もされていないと言う。

子ども用はあるのに、、

仕方なく、他メーカーのものを探していく中で、このTHE GUNZE Organicを見つけたのであった。

陰嚢湿疹回復のまとめ記事でも書いたけども、この柔らかな肌心地だけではそれはすぐには改善しなかった。

しかし、オーガニックコットンのボクサーパンツとしての性能は折り紙付きだ。この価格帯ではまず第一に検討すべき商品だと思う。

ただし、キナリ色は我慢するほかない。
このサイトでの評価ポイントは、安全のために余計なことをしていないのが一番なのだから。